第7回クリニカルバイオバンク学会シンポジウム

ご挨拶

「人々の健康と福祉に貢献可能なバイオバンクのあり方を一緒に考える」

第7回クリニカルバイオバンク学会シンポジウム 大会長
平沢 晃
(岡山大学学術研究院医歯薬学域 臨床遺伝子医療学 教授)
第7回クリニカルバイオバンク学会シンポジウムを令和4(2022)年7月8日(金)から10日(日)に岡山大学で開催いたします。
私は2015年に留学から帰国後まもなく、当講座豊岡伸一前教授が開催した第1回シンポジウムに参加しました。留学中はバイオバンク法の制定から執行の過程を間近にみることで、帰国後は国益と国民の健康・福祉への還元を目指し、バイオバンクの普及と実装を通して日本国に役立ちたいと考えておりました。その当時は「バイオバンク」と日本語でweb検索してもあまりヒットしませんでした。そのような中「第1回クリニカルバイオバンク学会シンポジウム」がヒットした時は、すぐに研究室の大学院生に声をかけて参加しました。参加者の高揚感をつい先日のことのように思い出しますが、その時はまさか自分が将来同じ会場で本学会を開催させていただくことになるとは夢にも思っておりませんでした。
第1回シンポジウムの演題を見返しますと、がんクリニカルシーケンスの臨床導入、バイオバンクの品質管理、ELSIが課題となっており、本学会がわが国のゲノム医療やバイオバンク普及に果たした役割は大きいと改めて考えております。
そしてわが国は国策として全ゲノム解析を診療に導入することを決定しました。難病もがんもゲノム医療が実装されつつある今こそ、遺伝情報やヒト試料は誰のものであるのか、医療者、患者、当局、企業等が国民と共に解決していかなければならない課題が多数あります。そこで本シンポジウムのテーマを「バイオリソースを橋渡しとして人々の健康・福祉に貢献する」としました。10日(日)にはがんゲノム医療にかかる検査精度向上を目的とした「がんゲノム研究会 ハンズオンセミナー」を開催いたします。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。