第121回日本循環器学会四国地方会

会長挨拶

第121回日本循環器学会四国地方会
会 長:山本 克人(高知医療センター 循環器内科)
この度、第121回日本循環器学会四国地方会を2022年12月3日に高知市で開催させていただくこととなりました。
2020年よりまん延した新型コロナウイルス感染症により、本地方会もしばらくはWebでの開催が続いております。12月の次回の地方会では、同一施設に発表者や聴講者が一同に集まって活発な議論を交わし、また高知の美味しい郷土料理に舌鼓を打って欲しいと希望しております。感染の拡がりが収まっていることを期待して、集合開催を目指して企画を進めていく予定です。
さて、教育講演については内科系と外科系の2枠から、今年度からは基礎系を含めた3枠の講演となります。今回は私の専門とする不整脈を中心にした講演を、基礎系、内科系、外科系の3人の講師の方にお願いする方針です。また新たに、若い循環器医師にとって有益で勉強となる若手医師教育セミナーが若手委員会を中心に企画、立案されます。もちろん、ダイバーシティーシンポジウムをはじめとしたこれまで実施してきたものも、さらに充実した企画となるものと思います。
12月3日には皆様と一緒に楽しく交流し、充実した地方会になるように努めてまいりますので、多数のご参加並びに演題応募をよろしくお願いいたします。