第30回消化器疾患病態治療研究会

当番会長挨拶

 この度、2021年9月10日(金)9月11日(土)2日間の日程で倉敷アイビースクエアにて、第30回消化器疾患病態治療研究会を担当させていただくことになりました。記念すべき第30回本研究会を担当させていただき大変光栄に存じております。
 世話人代表の國崎 主税 先生に第30回記念講演をお願いしております。
 テーマは、ポストコロナ・ポストピロリの消化器疾患病態治療として、外科及び内科の双方からのご講演・ご討議をお願いできればと考えております。
企画といたしまして、
主題1:ポストピロリ時代における上部消化管疾患
主題2:炎症性腸疾患の内科・外科診療の課題
一般演題
研修医アワード

イブニング・ランチョンセミナー・スポンサードシンポジウムも予定しております。
研修医や医学生も含め、若い世代からの演題も大いに歓迎いたします。
演題募集期間は 2021年 4月1日〜6月1日としております。
是非とも演題をご応募いただき、ご参加いただけることをお待ちしております。
 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、現地とWEBのハイブリッド開催またはWEB開催の可能性もございます。
 多くの皆様のご参加を心よりお願い申し上げます。
第30回消化器疾患病態治療研究会
当番会長 塩谷 昭子
(川崎医科大学 消化管内科学 教授)