日本医療検査科学会第37回春季セミナー

ご挨拶

第37回春季セミナー 開催にあたって

日本医療検査科学会第37回春季セミナー
例会長 藤巻 慎一
東北大学病院 診療技術部 部長

 この度、日本医療検査科学会第37回春季セミナーの例会長を拝命しました。2023年4月16日(日)に東北大学医学部星陵会館(星陵オーディトリアウム、他)において開催いたします。東北地区で本セミナーが開催されるのは2015年に桜の時期に弘前で萱場先生が開催された第29回春季セミナーから8年振りになります。
 新型コロナウイルス感染症の影響が継続するなか、臨床検査のシーズもニーズも大きな変革がありました。医療・検査業界においてはCOVID-19関連の検査機器・試薬の迅速な開発や製造、検査センターや医療機関においては新たな検査機器の導入と立ち上げ、検体採取や迅速な検査体制の構築等、各施設内でも臨床検査が診断および治療、感染対策にいかに重要な役割を担っていたかが実感できたかと思われます。一方で、その体制を維持しつつも、今後のポストコロナ時代の臨床検査体制についても議論を始める時期だと考えています。
 本セミナーのテーマは「臨床検査の共創(コ・クリエーション)」とさせていただきました。これまでの臨床検査における診療貢献、臨床ニーズは益々高まってきているなかで、将来を見据えて更に一歩を踏み出すには、チーム医療体制およびタスク・シェアの視点はもとより、様々な専門的異分野との連携や産学官がタッグを組んで「臨床検査の新しい価値」を創り出す必要があります。また、そのためには「次世代の臨床検査技師」の育成が非常に重要だと考えます。
 このような想いをもとに特別講演として東北大学病院副院長の張替秀郎先生に「臨床検査のこれから(仮)」、教育講演として慶應大学病院の松下弘道先生に「臨床検査検査部からみたがんゲノム医療(仮)」、共催セミナーとして東北大学加齢医学研究所の堀内久徳先生に「後天性フォンウィルブランド症候群と臨床検査」をご講演いただきます。また、シンポジウムⅠでは「臨床検査の新しい価値つくり」をテーマにバイオバンク事業、質量分析、遺伝子解析、AI画像診断の各専門領域から「新しい臨床検査のあり方」を考えます。シンポジウムⅡでは「次世代に繋ぐ臨床検査技師の人材育成のあり方」をテーマにISO15189I、マネージメント、人口減少社会など、様々な視点から「新しい人材育成のあり方」を考えます。また例年通り、機器展示と機器試薬セミナーも予定しています。
 開催地の仙台は自然豊かな「杜の都」と呼ばれ、名物の牛タンや三陸沖でとれる新鮮な魚介や山の幸が堪能できます。また、この時期は桜の見頃を迎える時期でもあります。是非、全国から多くの皆様にご来仙いただき、本春季セミナーこれまでのようなface to faceでの意見交換の場となることを心より願っております。多くの学会員ならびに検査関連メーカーの方々のご参加をよろしくお願い申し上げます。